宿泊約款

Agreement

宿泊約款

【本約款の適用】

第1条

当ホテルの締結する宿泊契約およびこれに関連する契約は、この約款に定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については、法令または慣習によるものとします。
2.当ホテルは、前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令および慣習に反しない範囲で特約に応じることができます。

【宿泊引受けの拒絶】

第2条

当ホテルは次の場合には、宿泊の引受けをお断りすることがあります。

  1. (1)宿泊の申込みが、この約款によらないものであるとき。
  2. (2)満室(員)により客室の余裕がないとき。
  3. (3)宿泊しようとする者が宿泊に関し、法令の規定または公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそ れがあると認められるとき。
  4. (4)宿泊しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
  5. (5)宿泊に関し特別の負担を求められたとき。
  6. (6)天災、施設の故障、その他やむを得ない理由により宿泊させることができないとき。
  7. (7)宿泊しようとする者が、泥酔者で、他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼすと認められたとき、宿泊者が他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  8. (8)宿泊しようとする者の健康状態、または衣服、携帯品等によって他の宿泊者に衛生上著しく迷惑を及ぼすおそれがあると認められるとき。
  9. (9)過去に第11条の適用を受けた者であるとき。

【氏名等の明告】

第3条

当ホテルは、宿泊日に先だつ宿泊の申込み(以下「宿泊予約の申込み」 という。)をお引受けした場合には、期限を定めてその宿泊予約の申込者に対して、次の事項の明告を求めることがあります。

  1. (1)宿泊者の住所、氏名、連絡先(電話番号)、性別、国籍、および職業。
  2. (2)その他、当ホテルが必要と認めた事項。

【予約金】

第4条

当ホテルは、宿泊予約の申込みをお引受けした場合には期限を定めて、宿泊期間(宿泊期間が3日をこえる場合は3日間)の宿泊料金を限度とする予約金の支払いを求めることがあります。
2.前項の予約金は、第5条の定める場合に該当するときは、同条の違約金に充当し、残額があれば返還します。

【予約の解除】

第5条

当ホテルは、宿泊予約の申込者が宿泊予約の全部または一部を解除したときは、次に掲げるところにより違約金を申し受けます。ただし、団体客(原則として、ペイイングメンバー15名以上のものをいう。以下同じ)の一部について、宿泊予約の解除があった場合には、宿泊日の10日前の日(その日より後に当ホテルが宿泊予約の申込みをお引受した日)における宿泊予約人数の10%にあたる人数(端数が出た場合には、切り上げる)についてはこの限りではありません。また、契約日数短縮の場合には、その短縮日数にかかわりなく、1日分(初日)の違約金を申し受けます。

違約金申し受け規定

  1. (1)一般客
    • イ. 宿泊日の前日に解除した場合、宿泊者1人につき、その宿泊第1日目の宿泊料金の50%
    • ロ. 宿泊日当日に解除した場合、宿泊者1人につき、その宿泊第1日目の宿泊料金の80%
  2. (2)団体客
    • イ. 宿泊の9日前の日から宿泊日の3日前の日までに解除した場合の宿泊者1人につき、その宿泊第1日目の宿泊料金の10%
    • ロ. 宿泊日の2日前の日から宿泊日の前日までに解除した場合、宿泊者1人につき、その宿泊第1日目の宿泊料金の50%
    • ハ. 宿泊日当日に解除した場合、宿泊者1人につき、その宿泊第1日目の宿泊料金の80%

2.当ホテルは、宿泊者が連絡をしないで、宿泊日当日の午後9時(あらかじめ予約到着時刻の明示されている場合は、その時刻を2時間経過した時刻)になっても到着しないときは、その宿泊予約は申込者により解除されたものとみなし、処理することがあります。

3.前項の規定により、解除されたものとみなした場合において、宿泊者がその連絡をしないで到着しなかったことが、列車、航空機等、公共の運輸機関の不着または遅延、その他宿泊者の責に帰さない理由によるものであることが証明されたときは、第1項の違約金は頂きません。

違約金
契約申込人数 契約解除の通知を受けた日
不泊 当日 前日 2日前 9日前
一般(14名まで) 100% 80% 50% - -
団体(15名以上) 100% 80% 50% 50% 10%

注:%は、基本宿泊料金に対する違約金の比率です。

第6条

当ホテルは、他に定める場合を除くほか、次の場合には宿泊予約を解除することができます。

  1. (1)第2条第3号から第9号までに該当することとなった時。
  2. (2)第3条第1号の事項の明告を求めた場合において、期限までにそれらの事項が明告されないとき。
  3. (3)第4条第1号の予約金の支払いを請求した場合において、期限迄にその支払いがないとき。

2.当ホテルは、前項の規定により、宿泊予約を解除したときは、その予約についてすでに収受した予約金があれば返還します。

【宿泊の登録】

第7条

宿泊者は、宿泊日当日、当ホテルのフロントにおいて、次の事項を当ホテルに登録して下さい。

  1. (1)第3条第1号の事項
  2. (2)宿泊者の年齢、前泊地および行先地、到着日時および出発日時
  3. (3)外国人にあっては、旅券番号
    ※所轄公官庁からの指導により、旅券の写しをとらせて頂きます。
  4. (4)その他、当ホテルが必要と認めた事項

【チェックアウトタイム】

第8条

宿泊者が、当ホテルの客室をご使用できる時刻(チェックアウトタイム)は、午前11時迄とします。
2.当ホテルは、前項の規定にかかわらず、チェックアウトタイムをこえて客室の使用に応ずる場合があります。この場合には、次に掲げるとおりの追加料金を申し受けます。

追加料金

  1. (1)別途定める追加料金を頂戴いたします。
  2. (2)午後3時以降…1泊料金の全額

【料金の支払い】

第9条

料金の支払いは、日本円または当ホテルが認めたクレジットカードにて、次に掲げる要領でお支払い下さい。ただし、当ホテルが認めたものに関しては、この限りではありません。

  1. (1)宿泊料金は宿泊者がチェックインする際に、当ホテルのフロントにお支払い下さい。
  2. (2)前号を除き、当ホテル内において発生する料金は、当ホテルが指定した時間および場所においてお支払い下さい。

2.宿泊者が客室の使用を開始した後、任意に宿泊しなかった場合においても宿泊料金は申し受けます。
※チェックイン時までに宿泊料金のお支払いが無い場合は、宿泊をお断り致します。

【利用規則の遵守】

第10条

宿泊者は、当ホテル内において当ホテルが定めて当ホテル内に掲示した利用規則に従って頂きます。

【宿泊継続の拒絶】

第11条

当ホテルは、お引受けした宿泊期間中といえども、次の場合には、宿泊の継続をお断りすることがあります。

  1. (1)第2条第3号から8号までに該当することになったとき。
  2. (2)前条の利用規則に従わないとき。

【宿泊の責任】

第12条

当ホテルの宿泊に関する責任は、宿泊者が当ホテルのフロントにおいて宿泊の登録を行った時または客室に入った時のうち、いずれか早い時に始まり、宿泊者が出発するため客室をあけた時に終わります。
2.当ホテルの責に帰すべき理由により、宿泊者に客室の提供ができなくなったときは、天災、その他の理由による困難な場合を除き、その宿泊者に同一または類似の条件による他の宿泊施設をあっせんします。この場合には、客室の提供が継続できなくなった日の宿泊料金を含むその後の宿泊料金は頂きません。

ご利用規則

ホテルの公共性とお客様の安全かつ快適なご宿泊を確保するため、宿泊約款第10条にもとづいて、下記の規則をお守りいただくようお願い申し上げます。
お守りいただけない場合は、ご宿泊のご継続および館内施設のご利用をお断りさせていただくと同時に、発生した事故等については、当ホテルは、責任を負いかねますのでご了承下さい。

  1. (1)お部屋に入られましたら、非常口をお確かめ下さい。
  2. (2)チェックアウト時間11:00AMを過ぎてご連絡が取れない場合、入室させて頂く場合があります。また、引き続き客室をご利用の際は、所定の料金を申し受けます。
  3. (3)当ホテルの宿泊料金は、前会計でチェックイン時にお支払い頂きます。
  4. (4)宿泊日数、又は宿泊人数を変更される場合は、前もってフロントにご連絡下さい。宿泊日数を延長される場合、前もって料金をお支払い下さい。お支払いいただけない場合はお部屋への立入りをお断りする場合もございます。
  5. (5)下記の場所でのお預かり品の保管は、特にご指示のない限り、ご出発後30日以内とさせて頂きます。30日を過ぎたものについては、不要の物として当ホテルで処理させて頂きます。その場合は、一切の責任を負いかねます。
    • イ. お預かりの洗濯物。
    • ロ. フロントでのお預かり物。
      また、ホテル内での忘れ物のうち、飲食物・新聞・雑誌につきましては、即日処分とさせて頂きます。
  6. (6)宿泊者の寄託物等のお取扱については、下記のとおりといたします。
    • イ. フロントにお預けになった物品について、滅失、毀損等が生じたときは、それが不可抗力である場合を除き、当ホテルはその損害を賠償します。但し、現金および貴重品については、当ホテルがその種類および価格の明告を求めた場合で、宿泊客がそれを行わなかったときは、当ホテルは当ホテルの付保する旅館賠償責任保険に定める金額を上限として賠償します。
    • ロ. フロントにお預けにならなかった物品について、当ホテルの故意過失により滅失、毀損等が生じたときは、当ホテルはその損害を賠償します。但し、宿泊客からあらかじめ種類および価格の明告のなかったものについては、当ホテルに故意または重大な過失があった場合を除き当ホテルは、前項に準ずる賠償をいたします。
  7. (7)当ホテルフロントにてご案内した指定駐車場に駐車している間に発生した盗難、破損等については、当ホテルは一切の責任を負いかねます。

固くお断りする事項

  1. (1)ベッドの中など、火災の原因となりやすい場所での喫煙。
  2. (2)ホテル内での暖房用・炊事用等の火器およびアイロン等のご使用。
  3. (3)ホテル内への下記の物品等のお持ち込み。この事実が判明した場合は、その時点でご利用をお断りいたします。
    • イ. 動物・鳥類その他ペット類全般。(盲導犬等は可)
    • ロ. 悪臭・高音を発したり不潔な物。
    • ハ. 著しく多量な物品。
    • ニ. 発火又は、引火しやすい火薬類、油類、又は危険性のある物品。
    • ホ. 法令により所持が許可されていない鉄砲、刀剣類、薬物、および品類。
    • ヘ. 人を殺傷するおそれのある化学薬品類など。
    • ト. その他、他の宿泊客の安全性を脅かす物品と認められる物。
  4. (4)睡眠薬その他の薬物のご使用により、他のお客様およびホテルに迷惑がかかるような行為。
  5. (5)外来者を客室内に入れたり、客室内の諸設備、諸物品などを使用させること。また、宿泊登録者以外の者を宿泊させること。 (ご面談はロビーでお願いします。)
  6. (6)ホテル内の諸設備、諸物品を本来の目的以外の用途にご使用されたり、他の場所に移動、あるいは異物を取り付ける等現状を変更するような行為。
  7. (7)備え付けのパジャマ・スリッパなどで客室以外の場所にお出かけになること。
  8. (8)館内の宿泊および営業施設以外の場所に許可なしに立ち入ったり、立ち入りを強要すること。(緊急時を除く)
  9. (9)ホテル内で、賭博や風紀治安を乱すような行為並びに公共の秩序に反するおそれのある行為、および他のお客様に迷惑をおよぼすような言動。
    • イ.「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」による暴力団および暴力団員等の当ホテル利用はご遠慮頂きます。(ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断りいたします。)
    • ロ.反社会的団体、および反社会的団体員(暴力団、および過激行動団体など並びにその構成員)の当ホテル利用はご遠慮頂きます。(ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断りいたします。)
    • ハ. 暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求およびこれに類する行為が認められる場合、直ちに当ホテル利用をご遠慮頂きます。又、かつて同様な行為をされた方についてもご遠慮頂きます。
    • ニ. 当ホテルをご利用する方が、心神耗弱、薬品等による自己喪失など、ご自身の安全確保が困難であったり、他のお客様に危険や恐怖感、不安感をおよぼすおそれがあると認められるときは、直ちにご利用をお断りいたします。
    • ホ. 館内および客室内で大声、放歌および喧騒な行為、その他で他のお客様に嫌悪感を与えたり、迷惑をおよぼしたり又、賭博や公序良俗に反する行為のあった場合には、直ちにご利用をお断りいたします。
    • ヘ. その他上記事項に類する行為のあるときは、ご利用をお断りいたします。
  10. (10)ホテル内で、許可なく広告物等の配布・掲示又は物品の展示・販売をすること。
  11. (11)当ホテルの許可なく、客室を営業行為などの宿泊以外の目的で使用すること。
  12. (12)廊下やロビーなどに靴やその他の所持品を放置すること。(長時間におよぶ物は、場合により保管および中身を調べさせていただくと同時に遺失物扱いとさせて頂きます。)
  13. (13)不可抗力以外の事由により建造物・備品その他の物品の損傷・紛失あるいは汚損などをすること。(被害相当額を弁償して頂きます。)
  14. (14)ホテルの外観を損なうような品物を窓にお掛けになったり、窓から投下すること。
  15. (15)事前にホテルの書面による許可なく、館内および敷地内で写真・VTR撮影をすること(商業目的を含む)。
  16. (16)ホテル内の施設、備品を所定の場所、用途以外に使用されること。また、施設、備品の現状を著しく変更して使用されること。
  17. (17)長期ご滞在の場合に、客室清掃を拒否されること。
    (客室の衛生管理上、少なくとも3日に1度は客室清掃させて頂きます。)
    ※ 上記諸事項については、ホテルからの制止勧告にもかかわらずお守りいただけない場合は、ホテル内よりの退去、又は宿泊の継続をお断りいたします。
    ※ ホテルご利用のお客様の故意又は過失により当ホテルが損害を被ったときは、当該利用客は当ホテルに対し、その損害を賠償して頂きます。
ご予約はこちら
宿泊予約
ホテル

宿泊日
宿泊数

ご利用人数

名様/室

東京エリアの空室状況をすばやく一括検索して頂けます 東京エリア空室検索